Copyright(c) 2016 SHINJUNG TRADE Co., Ltd. All rights reserved.

Please reload

​最近の記事

名刺やスマホなど何でも挟めてデスクすっきり『POKEY マルチ マウスパッド』販売開始

November 28, 2016

1/1
Please reload

​おすすめ記事

韓国での累計販売数が3年間で100万個突破! NO.1シェアの機能性枕「カヌダ(KANUDA)」国内販売開始

July 28, 2016

 

 

寝具・睡眠グッズの企画開発及びインターネット販売を行うまくら株式会社(所在地:千葉県柏市、代表:河元 智行)は、健康・美容大国韓国で国内トップシェア(50%以上/機能性枕部門)を誇り、販売開始から3年余りで累積販売数100万個を突破した「KANUDA(カヌダ)」を信禎貿易株式会社(所在地:東京都新宿区、代表:李 昌昱)、株式会社JASP(所在地:東京都千代田区、代表:孔 才后)と共同し、2016年7月19日(火)に日本で発売しました。

KANUDA JAPAN ホームページ
http://www.kanuda.co.jp/

まくら株式会社 販売ページ
http://item.rakuten.co.jp/oyasumi/336-000002-20/


カヌダは韓国大手テレビ通販で10回連続完売・韓国国内累計売上げ50億円以上・韓国の消費者が選んだ最も信頼できるブランド5年連続受賞の機能性枕です。アメリカFDAやヨーロッパCE認証商品になっています。


カヌダは、理学療法士が「徒手法(としゅほう)」と人間工学を取り入れ開発した機能性枕です。徒手法とは、優しい刺激を与えることで神経筋骨格系の問題に対応するための指圧技術で、アメリカやドイツなどの先進国では、認定を受けた理学療法士によって広く用いられています。

今回、もっともベーシックで指圧技術を実感できる「カヌダ ブルーラベル アレグロ枕」と「カヌダ ヘッドナップ」を発売しました。


■「カヌダ ブルーラベル アレグロ枕」について
「カヌダ ブルーラベル アレグロ枕」の最大の特徴は、首元をしっかりと支える凹み形状です。中央部分には「徒手法」を取り入れ、首筋に心地よい刺激を与えながら頭部を優しくサポートします。この構造により、正しい寝姿勢が保たれ、首の負担を軽減、気道が自然に確保できるようになっています。

中素材には「高密度メモリーフォーム」を採用しています。柔らかすぎる枕は首や肩に無理な負担がかかりますが、高密度メモリーフォームは丁度よい弾力があり、頭部が沈み込みにくいため仰向きでも横向きでも正しい寝姿勢を保つことができます。

<商品概要>
サイズ:幅 約61.2cm×奥行き 約27cm
高さ :首元 約3.5cm、サイド 約11cm
重さ :約 1.4kg
素材 :(中素材) 高密度メモリーフォーム
    (表カバー)コットン78%、ポリエステル22%


■「カヌダ ヘッドナップ」について
「カヌダ ヘッドナップ」は韓国で昔から健康法の一つとして使われてきた「木枕」の良さを活かしつつ、徒手法と科学的アプローチを取り入れ、指圧効果を高めたものです。適度な弾力があり、首筋に心地いい刺激を与えながら、頭部を優しくサポートしてくれるため、指圧をさらに効果的に実感したい方におすすめです。1日1~2回、1回につき15~30分の使用で効果が得られます。

<商品概要>
サイズ:幅 約29cm×奥行き 約19.8cm
高さ :2~9.7cm
重さ :約 580g
素材 :非毒性ポリウレタン


CMやイメージ写真のモデルに起用しているのは韓国の人気俳優であるソ・ジソブさんで、かつては水泳の国家選手としても活躍していた本格アスリートです。俳優として、スポーツ選手として睡眠の重要性を意識していたソ・ジソブさんは、専属パートナーを依頼する前からプライベートでカヌダ枕を愛用していました。

カヌダ枕は「枕と眠りのおやすみショップ!」( http://item.rakuten.co.jp/oyasumi/336-000002-20/ )にて販売中。順次、日本国内での販売網を広げていく予定です。

「カヌダ ブルーラベル アレグロ枕」をご購入いただいた方には、期間限定で日本の暑い夏でもサラッとお使いいただける『夏用専用カバー』をお付けいたします。

健康や美容を意識している方、質のいい眠りを体感したい方、さらには敬老の日やクリスマスなどのギフト用としても最適です。

 

http://www.asahi.com/and_M/information/pressrelease/CATP2016108100.html

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

​公式SNS

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

​タグ検索